キャンプイン野外フェスティバル「ONE MUSIC CAMP2022」
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Mail

第2弾出演アーティスト発表!

2022/04/28

第2弾出演アーティスト発表!

野外フェス「ONE MUSIC CAMP 2022」第2弾出演アーティスト発表!

第2弾出演アーティスト発表

  • Afro Begue
  • bonobos
  • ドミコ
  • Jam Fuzz Kid
  • Subway Daydream
  • TENDOUJI

昨年に出演を予定していた「ドミコ」、「Jam Fuzz Kid」、「Subway Daydream」の3組に加え、2023年春に解散を発表した「bonobos」、2020年よりベースにKenKenをむかえグルーヴが更にパワーアップしたセネガル人のジャンベ・マスター、オマール・ゲンデファル率いるアフロビートバンド「Afro Begue」、東京インディシーン屈指の愛されバンド「TENDOUJI」の計6組が決定!

第2弾アーティストのご紹介

  • Afro Begue

    セネガルに数世代に渡る伝承音楽家(グリオ)であるオマールの伝統音楽と現代のサウンドを融合させたオリジナルサウンド。日本を代表するアフロビートバンドなることは必至の存在だ。

  • bonobos

    蔡の作曲センスと音楽的探究心から生み出される楽曲を、バンドの圧倒的な演奏力と伸びやかなボーカルが奏でることにより、唯一無二のポップ・ミュージックとして国内外のリスナーから高く評価され続けている。

  • ドミコ

    さかしたひかる(Vo/Gt)と長谷川啓太(Dr,Cho)の2人からなる独自性、独創性で他とは一線を画す存在。

  • Jam Fuzz Kid

    平均年齢23歳にして90's UKロックの影響を強く受け、キャッチーなメロディとラウドな洋楽ロックサウンドを体現する東京のロックンロールバンド。

  • Subway Daydream

    90'sオルタナやインディロックなど様々な音楽からの影響と愛を、持ち前のポップセンスとイノセンスで爆発させる新世代オルタナバンド。

  • TENDOUJI

    類まれなメロディーセンスと90年代のオルタナシーンに影響をうけた爆発力のあるサウンドを武器に、全ての会場をハッピーなグルーヴに包みこむ4人組バンド。

出演アーティスト

チケット発売中

2日通し入場券

2日通し入場券
11,000円
2日通し入場券+場内駐車券
16,000円 完売
2日通し入場券+場外はずかわ駐車券
16,000円 完売
2日通し入場券4枚+場内駐車券1枚セット
42,000円 完売
  • 場外はずかわ駐車場から会場までは往復バス(無料)を利用して、ご来場いただけます。

1日入場券

土曜1日入場券
8,000円
土曜1日入場券+場外UNBY駐車券
11,000円
日曜1日入場券
8,000円
日曜1日入場券+場外UNBY駐車券
11,000円
  • 場外UNBY駐車場から会場までは往復バス(無料)を利用して、ご来場いただけます。
  • 場外UNBY駐車場をご利用の方は、キャンプが出来ません。

会場往復バスチケット

1日乗車券
2,000円
  • JR三田駅付近から会場までを結ぶ往復バスです。

ホテルプラン

27日(土)泊(バス送迎・2日通し入場券付き)
1名様 20,000円~
28日(日)泊(バス送迎・日曜1日入場券付き)
1名様 13,900円~

【1組限定】古民家貸し切り宿泊プラン

1棟(4名まで)
60,000円 完売
  • キャンセル待ちとなります。
  • 茅葺き屋根の築90年以上の古民家の佇まいを残しつつ、内装をフルリノベーションした古民家を1棟貸し切りでご宿泊いただけます。
  • 最大8名様までご宿泊いただけます。詳しくは、【1組限定】古民家貸し切り宿泊プランをご確認ください。
トップに戻る